生きるってなんだろう
仕事を辞めた
何もうまくいかない
気がつけばただ日々を流れていくだけのニート生活

でも

今は見えなくても未来がある
だから

イ`


2006年05月03日

小銭稼ぎ

現在無職。

ならば1円でも多くお金がほしいのはいうまでもない。

と、言うわけでリードメールという物に手を出してみた。

これは、メールを見れば見るほどお金が貯まると言うもの。

もちろん、詐欺などではない(海外リードメールは多いらしいが)

仕組みとしては、登録を行うと登録時に入力したメールアドレスにメールマガジンが配信され、そのメール内のURL(サイトのアドレス)をクリックするとお金が入るという物。

また、サイト内に広告がありそれをクリックするとお金が入るというものである。

     登録ユーザー    ← (メール送信:支払い)
(メール受信:広告を見る) →   メール送信者
       ↑|                  ↑
       ||          (広告料と契約料(配信料))
       |└ーーーーーーー→  広告業者(個人も)
       └ーーーーーーーーー(広告の公開)

広告を出すにしても広告料は数百円から数千円。広告料金はすごく安い。

同時に、閲覧者もお金目的だから見てくれると言う物。

現在の日本のリードメールは9割がまともな所であり、俺もいくらかすでに換金している。(一定の金額以上になるまで換金はできないが)

そして、何より信頼できる証拠、とも言えるのが[甘くない]所。

よくある[家庭で何もしないで月100万稼げる!]とかとは違う。

メール単価は0.1円から高くても1円か。携帯リードメールよりも安い。(携帯でも似たようなものがあるが、単価は高め。換金額も高め。企業運営がほとんど。一歩間違えばスパムメールだがうまく使えば…)

だが、携帯リードメールと違い、数が多いので最終的には同じくらいか、まだPCリードメールのが勝っているだろう。

また、リードメールではティアー制を採用している。

ティアー制というのは・・・

それはいわゆる[紹介制度]と言えばいいだろうか。

例えば、誰かを紹介したら200Pゲット、とかだ。

じゃあ、そのティアー制とは。

それは、紹介ポイントが継続的に入る紹介制度の一つである。

自分のHPやブログで紹介し、それを見た方がそこから登録してくださればティアー成立。

例えばAさんとBさんとCさんがいるとしよう。

とあるティアーで10%-2%とする。

AさんがBさんに紹介し、Bさんが1000P稼いだ。

まずここで、AさんにBさんの10%・・・つまり100P加算される。

次にBさんがCさんに紹介し、Cさんが2000P稼いだとするとAさんにはCさんの2%、つまり40Pが入り、BさんにはCさんの10%、つまり200Pが入る。

この場合、Aさんが実際に得を得ることができる範囲は2段階だ。

よって、これは[2ティアー制]となる。

Aさんが1段階の10%の方を5人紹介、その1段階の5人の方が2%にあたる方をそれぞれ3人づつ紹介。

仮にみんな100Pずつ溜めたとしたら・・・?

A100+B(100×5×0.1)+C(100×5×3×0.02)=180

あれ?Aさん自身は100Pしか稼いでないのに180P稼げると。

実際はティアー率はもっと高いし、段階も多いのでもっと稼げるだろう。

で、お金が換金できる状態になっても、普通の銀行だと手数料が取られたりとあまりいいことがない。

なので、大抵のリードメールはイーバンク銀行だと無料なのでイーバンクに登録すればいいのだ。




登録はこちらから↑

後ほど、おすすめのリードメールと、紹介するために使えるブログを紹介しよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。